佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイランドフェスタ佐渡 佐渡の芸能編その2

アイランドフェスタ佐渡 
初日に演じられた佐渡の芸能を紹介します。

湊鬼太鼓
祭りは5月5日

20090627114906(1).jpg

鬼舞つぶろさし(羽茂村山)
羽茂祭りは6月15日

20090627130952(1).jpg

南片辺 御太鼓
祭りは4月14、15日(14日は宵宮)

20090627165004(1).jpg

北田野浦
4月14,15日
花笠踊りが見られるのは14日の宵宮。

20090627170844(1).jpg

芸能を伝承している団体で苦労するのは 
衣装を含めた道具を新調する時だという話をよく聞きます。
生活様式が変わってきて 以前は当たり前にあったものが
手に入りづらくなってきています。
今、佐渡には染物屋がありません。
呉服屋自体の数も減っています。
既製服に慣れた私たちも
生地のことはさっぱりわかりません。
「メリヤスって何?本モスって何?」
状態で 衣装を 一式揃えると
かなり知識が増えるようです。

佐渡の芸能の衣装を見比べると
各地域いろいろ工夫のあとが見られます。
南片辺の方に聞いたところ
今 白いズボンは 手にはいりにくいのだそうです。
確かに 体育着だって今は 色付。
しかも あのシルエットは見かけない。
で、彼らが 目を付けたのは
野球のズボン。
実際みると 違和感ありません。
衣装って 文化財の側面もあるけれど
消耗品の側面もあって
変わっていく部分もあっていいのかと思います。
「何より 人だ」
って ことでしょうか。

続けて いろんな芸能を見ると
本筋以外で いろいろと考えてしまいます。
芸談は理事長の 佐渡祭譚に まかせて
佐渡以外の芸能をみて考えたことなどを
これからぼつぼつとお伝えしていけたらと思っております。

アイランドフェスタ佐渡 佐渡の芸能編その1

6月27日、28日 二日間にわたって行われた
アイランドフェスタ佐渡も無事終わりました。
いろいろな島の芸能、特産品を楽しませていただきました。
たくさんお伝えしたいことはあるのですが
(やっぱり 新婚旅行は父島だよね  とか)
まずは 佐渡の演目から。

今回 佐渡芸能伝承機構では
佐渡の芸能披露のお手伝いをさせていただきました。
8団体の披露となりました。
初日からご紹介すればよいのですが
写真の都合で 2日目に登場した4地区から先にさせていただきます。

戸地 白刃
祭りは10月19日

P1010058.jpg

杉野浦 小獅子舞
祭りは4月1日

P1010060.jpg


丸山 鬼太鼓
祭りは4月15日

P1010061.jpg

民謡 小木・羽茂
小木まつりは 今年は8月29、30日

P1010062.jpg



佐渡祭譚でも ふれたように
今回は ステージの下に 演技をする場所をとりました。
なるべく 地元の雰囲気を伝えたいからです。
神社の奉納や 広場で芸能をするところを見に行くと
地元の方はなんとも絶妙な間合いで 丸くなっています。
その円の一番内側が特等席。(それ以上近づくとあぶなかったりします)
そのあたりは、おばあちゃんか子どもが多いです。
で、そのまわりをいろいろな人がとりかこんで見ています。
そんな風に楽しんでもらえたらと思っていました。
出演される方も早くからいらっしゃって
どうすれば よいか 考えてくれました。

今回ようなやり方について
いろいろなご意見もあるでしょうが
佐渡芸能伝承機構としては
なるべく その芸能の匂いを大切にし
できれば 祭りに訪れてもらえるような方向で
お手伝いしていきたいと思っています。

ちょっとかたい話になってしまいましたが
最後は 大きな輪ができた
小木おけさ の写真で今回は終わりたいと思います。

湊鬼太鼓、鬼舞つぶろさし、南片辺、北田野浦のご紹介は
次回 お楽しみを。

P1010063.jpg

アイランドフェスタ佐渡その4

アイランドフェスタ佐渡のスケジュールが
発表になりました。
アイランドフェスタ佐渡 をご覧下さい。

島の方たちのお話をうかがう 「島談義」が
両日共 開かれるのですが
27日(土)島談義「島の文化と芸能」 に
当NPO法人佐渡芸能伝承機構の理事長に出演のお声がかかりました。
佐渡の芸能の紹介はもちろんですが
出演が予定されるのは
粟島、三宅、隠岐、奄美、小笠原の方々です。
行ったことはないけれど
行きたいと思っているところばかりです。
持ち前の好奇心と芸能好きの本領で
地元の方ならではの話を聞いてもらえればと思っています。

アイランドフェスタ佐渡は
国際小島嶼文化会議(SICRI)の関連事業です。
国際小島嶼文化会議は 24日~30日に開催されます。
26日は レセプションが開かれ
大野鬼太鼓が 華を添えます。

20090606161240983.jpg



アイランドフェスタ佐渡その3

アイランドフェスタ佐渡に出演の団体紹介も今回で終わりです。

最終回のトップは
赤泊地区の杉野浦。
祭りは4月1日。佐渡の春祭りの先陣をきります。
今回ご披露いただく小獅子舞のほかに
大獅子も祭り当日は集落をまわります。
笛の音、小獅子の動きとも
春の前浜の昼間によく合います。
どんなところかとは?
ごらんになって想像してみてください。
杉野浦の出演予定は
28日(日)午後6時20分からです。

200906061612404cc.jpg

次は丸山 鬼太鼓。
祭りは4月15日。
こちらも鬼太鼓のほかに大獅子が門付けに回ります。
一般的に前浜流の鬼太鼓では
舞う、踊る、ではなく
「鬼を打つ」と言います。
よく「佐渡の人は みんな佐渡おけさがおどれるんですよね。」
と 聞かれたりしますが
「前浜の人はみんな鬼が打てるんですよね」
と 聞いてしまいそうになるほど
このあたりの人は祭り好きが多いです。
そんな丸山は
28日(日)午後6時40分に登場の予定です。

20090606161240fc0.jpg

最後に登場するのは
小木・羽茂のみなさんによる佐渡の民謡。
相川音頭、佐渡おけさ、両津甚句、小木おけさ
の予定です。
8月の小木まつりでは
街のあちらこちらで小木おけさが踊られます。

20090606162202ebe.jpg

佐渡おけさには
哀調、哀切とかの冠がつくことが多いですが
ちょっと違うおけさも楽しんでもらえたらと思います。
28日(日)午後7時より
アイランドフェスタ佐渡の最後を飾るステージとなります。

また、アイランドフェスタ佐渡ホームページ上でも ご案内がされると思いますのでよろしくお願いいたします。

アイランドフェスタ佐渡その2

引き続きアイランドフェスタ佐渡出演団体の紹介です。

羽茂村山 鬼舞つぶろさし。
祭りは6月15日。
羽茂祭りは鬼舞つぶろさしの他にも
いろいろな芸能がでます。
また、夜は草刈神社で薪能も開かれます。
来週の月曜日です。ぜひ、現地でもご覧下さい。
アイランドフェスタでの予定は
27日(土)午後1時30分よりとなっています。

20090606161240049.jpg

そして、南片辺 御太鼓。
南片辺では 獅子舞(三匹獅子踊り)と
この御太鼓が伝承されています。
獅子舞は 6月21日小獅子舞サミットのでご覧いただけます。
祭りは 宵宮が4月14日。
御太鼓は翌15日 集落を門付けして回ります。
こつこつと佐渡の祭りを訪ね歩いていた当NPOの副理事長をして
「こんな祭りが佐渡にあったなんて」と言わしめた南片辺。
アイランドフェスタでは
27日(土)午後4時50分から演技の予定です。

2009060616124011a.jpg

次は 北田野浦。
現地では4月14日の宵宮で花笠踊りをみることができます。
稽古にもおじゃまさせていただきましたが
子どもたちが元気です。
目を離すと絶対高いととことかよじ上ってそうな子たちです。
そんな子どもたちですが
お兄ちゃんやおじさんの言うことはちゃんと聞きます(たぶん)
元気いっぱいの芸打ち太鼓を含んだ花笠踊りを楽しんで下さい。
北田野浦も21日の小獅子舞サミットでもご覧いただけます。
アイランドフェスタでの予定は
27日(土)午後5時10分よりとなっています。

20090606161239e56.jpg

佐渡から出演は8集落。
後の3集落は 次回ご紹介いたします。


前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。