佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿尾能舞台 能楽関連授業その2

上越教育大学 椿尾能楽関連授業のその2です。

椿尾は 能楽と石工の里
お地蔵様はもちろん
お旅所などにも椿尾の石工の名前がみられるそうです。
今年は、石の切り出しを行っていた場所に案内してもらいました。

地元では石丁場とよんでいます。

上教大h25⑥

今、佐渡が認定を目指しているジオパーク関連で
整備が進んでいます。
よろしければ、ご覧なって下さい。

椿尾能舞台 能楽関連授業その1

7月13日 あいにくの雨の中
椿尾集落に上越教育大学の大学院生が
能楽関連授業のため訪れました。
今年は、玉村恭先生と8名の大学院生。
実際の能舞台を使っての授業となります。

上教大H25①

人の気配のある能舞台っていいものです。

上教大h25⑦

上越教育大学 能授業その3

能授業8

いきなり、乾杯シーンから。

2泊3日の中日に地元の方との交流会。

椿尾でとれた野菜で おかあさんたちがつくってくれた漬物付きの
バーベキュー!
おいしかったです。

そして
地元の方が三味線で佐渡民謡を唄ってくれました。

さらに謡も。
酒席によくあう「猩々」

他の地方でもあるのかどうかはわかりませんが
佐渡では
「肴謡」といって酒席で謡いが謡われたそうです。

夏の夜空に通る声はうつくしく
酒席には 民謡の唄える人と謡のできる人がぜひ欲しいと思った夜でした。

椿尾集落の皆さん
お忙しくまた暑い中お世話になりました。
ありがとうございました。

上越教育大学 椿尾能授業その2

上越教育大学が椿尾で行った能関連の授業の続きです。

椿尾に能舞台があることは前回ふれましたが
能楽をされる方もたくさんいました。
地元の方から、椿尾の能のお話をうかがいました。

能授業4

以前は青年団の団員が結婚すると
披露宴で団長が 「高砂」を謡ったとのこと。
無理をいってその場で謡っていただきました。
で、そんなことから
翌日 玉村先生と

能授業7

何十年ぶりだと言われていましたが
そんなことを感じさせない芸でした。

観客の方々も 以前は婦人会で能楽を習ったという方々。

能授業9

来年は、どんなことになるのか楽しみです。

上越教育大学 椿尾能授業その1

7月14日から16日まで
上越教育大学の玉村恭先生が学生6名を連れて
椿尾で能関連の授業を行いました。

椿尾集落の方々のご協力の下
2泊3日ほぼ椿尾で過ごしました。

集落の方へのご挨拶

能授業

椿尾は気比神社に能舞台が現存しており
集落によって保存・維持がされています。
今回はその能舞台を使っての授業が中心となります。

掃除も大切な体験。

能授業1

玉村先生は能舞台の掃除が好きだとおっしゃっていましたが
能をされる方にとって能舞台は特別なものなのでしょうか。
とはいえ、学生にとっては初めての体験。
十分に空間を感じることができたでしょうか。

能授業2
前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。