佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐渡人形芝居発表会その3

今回の佐渡人形芝居発表会の会場は
真野の ふるさと会館。
会場が広いので
普通は 客席ではない横の方で
見させていただきました。

遣い手さんの表情や動きが見ることができて
面白かったのです。
今まで あまり気にとめなかったのですが
「つけ」と 言うのでいいのでしょうか?
木を打ち鳴らして 効果音をだす方の
手元が幕の隙間から見えたのですが
あれも、見ていると面白いです。
難しいのでしょうが。

愛媛の内子座という大正時代の芝居小屋で
年1回 文楽公演をするそうです。
歌舞伎の芝居小屋なので
2階席もあるのですが
2階席も普段見られない角度から舞台を見ることができて
おもしろいそうです。
午前、午後 同じ演目のようなので
桟敷で1回、2階席で1回
見ることができたら 幸せでしょうね。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/88-98595a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。