佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

椿尾能舞台 能楽関連授業その4

椿尾は能と石工の里というだけあって、以前能をやられていた方も多かったようです。
婦人会でも、以前は謡や舞の稽古をしていたそうです。
昨年と同じように、上越教育大学の皆さんのミニ発表会が行われたのですが
そこで、婦人会の皆様にも謡を披露いただきました。

椿尾H25⑧

お話をうかがうと、何十年ぶりの披露とのことで
稽古も何度かしてくださったそうです。
とても、そんなに久しぶりとは思えない謡で
ぜひ、今後も機会があればお聞きしたいと思いました。

以前は、集落の新年会や敬老会などでも披露していたとのこと。
今でいうと、コーラスやダンスをやるような感覚でしょうか?
伝統芸能などとかまえるのではなく
生活の中で生きていた佐渡の能の姿が垣間見えた気がします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/370-3a2c33d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。