佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩谷口ひなまつり

3月3日はひなまつり。
佐渡でも、開催日時は違いますが
相川両津小木で雛人形めぐりができます。

で、相川市街から車で海岸線を堪能しながら30分。
外海府 岩谷口集落に到着。
こちらの公民館でも
集落の方々の持ち寄りの雛人形が飾られています。
昔の紙雛も!

ことしは、新たに姫達磨シリーズも。

岩谷口文化祭25

2日には、集落の方々が集まって昼食会が開かれ、おじゃましてきました。

ちらし寿司とタラ汁

岩谷口ひなまつり ちらし

外海府関集落の中間豆腐店のおからをつかった卯の花。

岩谷口ひなまつり おから

お砂糖は入ってないそうですが
おからの甘さがほんのりとして
たいへんおいしくいただきました。
ごちそうさまでした。

コメント

男雛女雛

ところで佐渡では男雛女雛は左右どちらに並べるでしょうか。京都では伝統的に向かって右、つまり上手に男雛、東京では天皇が西洋の並び方に従い左側に天皇が並んだことから、男雛も左側になったと新聞に載っていましたが・・・

おそらくですが、一般のご家庭ではお人形のメーカー作成の並び方に従って、男雛が向かって左だと思います。
が、相川ひな祭りで享保雛を公開されている方は、昔からこう飾ると聞かされていて、京都のように向かって右に男雛、左に女雛を飾ってらっしゃいました。
岩谷口で、京都でもとめたというお雛様のてぬぐいがありましたが、やっぱり上手が男雛でした。

  • 2013/03/12(火) 09:16:42 |
  • URL |
  • 管理者 #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/351-d44fa006
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。