佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふゆみずたんぼ

昨日の トキが猛禽類に襲われて保護されたとのニュースをやっていましたが
佐渡では、トキの野生復帰とともに
人とトキが共生できる島づくりをしています。
詳しくはこちら

私は、農業に詳しくないので
とりあえず
「冬でも水を落とさず 生き物が生息できる環境を保つ」
という 「ふゆみずたんぼ」を見に出かけました。

ふゆみずたんぼ

産業、環境、芸能など みんなかかわって生活がなりたっているのだけれど
わからないことが多くて
大変です。

コメント

ときの被害

ときが猛禽類に襲われたのですか、かわいそうなことですね。でも自然界ではそれが現実かも知れません。かつて、ときが佐渡の島に沢山居た頃も猛禽類が居たと思いますが、多少の被害はあってもそれだけときの数も多かったのではないでしょうかね。
佐渡の人たちはもちろん、全国の皆さんに協力をいただきながらときをもっともっと増やしていくことが大切かもしれませんね。
全国の皆さんが協力してときを増やせば、愛着もわき、それだけではなく、佐渡に対する観光の関心も高まってくる事になるでしょうね。

目標では 「平成27年頃、小佐渡東部に60羽のトキを定着させる」となっているようです。
トキの住みやすい環境が、わたしたちの日々を豊かにしてくれるものと思っています。
でも、田んぼ 普通は冬に水をはらないのはなんでなんだろう?
まずは、そこから勉強をしなくては。

  • 2012/01/12(木) 14:00:14 |
  • URL |
  • 管理者yu #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/308-efc1dba3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。