佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼太鼓の伝播を探るⅤ 座談会編

今さらなんですが
2月20日の「鬼太鼓の伝播を探るⅤ」座談会編です。

おなじみの道具のことから

伝播5 座談会

面や鬘、衣装の話などをうかがいました。


各出演団体には事前にアンケートにお答えいただいているのですが
その中から今回時間がなくてお伝えきれなかった
「大切にしていること・伝えていかなければならないこと」を紹介します。
   文章 略したり要約したりさせてもらってます。ご勘弁を

【八幡青年会】 
当会の豆まきは(普通は豊作祈願など)翁の烏帽子にも書かれているとおり
「家内安全・交通安全」を掲げています。地域に住む方の心身の健康を 願っており、
そのためには家族や地域のつながりを大切に築いていかなくてはなりません。
その心を子々孫々に引き継いでいきたいと思っています。

【羽茂中央青年会】
羽茂祭りには多くの演目がありますが、若衆鬼太鼓が一番に元気で威勢がよいと自負しています。
10年程前会員数が少なく解散を考えた時期がありましたが当時の先輩が苦労しながら続けてくれたおかげで
会が存続しています。高齢化・過疎化が進む中でどれだけ続けていけるかわからないができる限り存続していきたいと思う。
民俗芸能はそこに存続していることだけで価値があると思う。

【赤玉神事芸能保存会】
神事として大切に思っているし誇りを持っている。
宵宮の晩は獅子頭・鬼面等は舞方が自宅でお神酒やお供えをして清める。
昔からの形をくずさずそのままに伝えるようと思っている。

【春日鬼組】
小学生から大人まで鬼太鼓が好きな人ができることを大切にしている。
小学生だった子どもが大人になってまた鬼太鼓を始めると嬉しくなる。
また、その中で切磋琢磨し芸を磨いていければと思っている。

【多田・黒根】
子どもたちも鬼太鼓に参加しています。
鬼太鼓を通じて、子ども達に、結束・連帯・責任・達成を教える事が大切だと思っている。
祭りを通して地域の連帯を図っていることを伝えていかなければならないと思う。


その地域その芸能団体で大切に思っていることは様々です。
佐渡は芸を育む土壌に恵まれているのだなと感じます。

「鬼太鼓の伝播を探る」にご協力いただいた皆様
ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/276-9be86083
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。