佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「たかち芸能祭」本番編

前日、前々日と二日稽古を重ね
さらに 当日13日も 
準備の合間をぬって稽古をつけていただき
いよいよ本番をむかえます。

たかち芸能祭仕度

半被とたすきで。
たすきを締めてもらう時は
手を前で ギュッとするのだそうです。

雨まじりの天候になったので
高千中学校生徒の文弥人形とYAMATOの歌が終ったところで
体育館の中へ。

ステージにむかって

たかち芸能祭出番前

後尾の鬼太鼓は一匹で舞いますが
今回は 両脇に地元の鬼がついて
3匹で 舞いました。

たかち芸能祭披露

後尾の鬼太鼓は
「後尾」(ウシロ?ウシロォ?  ネイティブな発音が難しい!)
という 短いものと
「椿」というものと二通り種類があって
「椿」のほうが重習いとなります。
今回 学生が習ったのは「後尾」の方ですが
短い期間で、よく覚えたものです。

今回 高千を訪れた
相模女子大学の学生、卒業生のみなさん。
同じく相模女子大学の鈴木涼太郎先生。
後尾の皆さん。
「たかち芸能祭」実行委員会の皆さん。
その他にもいろいろな方にお世話になりました。
ありがとうございました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/224-e8f42f43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。