佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼太鼓の伝播を探るⅣ」実演編

「鬼太鼓の伝播を探るⅣ」実演編です。
すでに 佐渡祭譚
紹介が始まっているので
くわしくはこちらをご覧いただくとして
今回のテーマ 「潟上型鬼太鼓の展開」

潟上型と前浜型 双方が継承されている柿野浦

Ⅳ柿野浦

  前浜は柿野浦が境で
  水津よりの豊岡は潟上型。
  松ヶ崎よりの岩首は前浜型。
  ただ鬼太鼓が伝播した頃は今とちがって
  小佐渡山脈を越える峠道が使われていたりしたので
  ここが境と言う言い方はうまくないかも知れません。

豆まきと絡む四日町

Ⅳ四日町

気がのらないと演じられないので
運のいい人しかみることのできないといわれる豆まきと鬼のツーショット。
  
  豆まき型と潟上型、その他前浜型、一足型、花笠の分布図はこれ。

DSCF1744.jpg

  次回も掲示しますので ぜひ現地でご覧ください。


獅子がつく大野

Ⅳ大野

  当NPOの副理事長が 
  当然のように用意したビールケースと空き瓶を使った獅子の稽古については座談会編で。


同じ「潟上型」というくくりでも
こんなに違います。
そして
まだまだ細かいバリエーションが・・・・。
皆さん いろいろと工夫したのでしょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/209-e1adccad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。