佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北川内 稽古に伺いました

高千地区 北川内の稽古に伺いました。

北川内では 
4月14日の宵宮に 神社で獅子舞と豆まき
翌15日に豆まきの門付けが行われます。
この日は 獅子舞の稽古日。
今年は3人の高校生が踊ります。

DSCF1513.jpg

指導も入ります。

DSCF1515.jpg

北川内の口唱歌は
「ズクズクズット、ズクズクズット、ズクズクズンズクズンクズット」
こちらも聞いているとこれ以外には聞こえないという
絶妙の口唱歌です。
これから稽古を重ね
本番では 45分間踊りきるそうです。

集落の方と話している時
子どもが 地元に帰りたいといったらどうするか
という話題になりました。
たぶん日本中の過疎地といわれているところは
同じ悩みを持っていると思うのですが、
「帰ってきても仕事がなあ、
人も少なくなってるしなあ。」
と、親としては正直なところ考えてしまいます。
けれど 考えてみると
祭りの稽古は大概 7時半から8時に始まります。
仕事を終えて 家に帰り 食事をして 
その時間に集まれるという環境は
都会の人にとっては うらやましいのではないでしょうか。

子どもたちが地元に残れる、
あるいは帰れる佐渡であるにはどうすればいいのでしょうか。
わたしたちが今すすめている 
「伝承芸能の機能を活かした集落の賑わい創生モデル」事業が
少しでも 何かのきっかけになれればと思っています。
またいろいろなご意見を聞かせていただけるとありがたいです。


話題を変えて
ちなみにこれは 獅子と豆まきの道具類です。
DSCF1517.jpg

画面上は 獅子 
画面向かって左は 豆まきの面
それでは右は?
気になる方は 14日の宵宮でご覧下さい。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/19-78692125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。