佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼太鼓の伝播を探るⅢ」講演編

2月7日に「鬼太鼓の伝播を探る」第3回を開催してから
早1ヶ月。
稽古が始まったとの声もちらほら聞かれ
祭りモードとなってきていますが
そろっと、講演編を。

第3回の今回は
「風流(ふりゅう)」と「鬼太鼓」を考えたのですが
では「風流」とは 何ぞや?
で、それがなんで「鬼太鼓」と?
なかなか ザックリとはいかないので
今回は趣向を変えて、日本各地に伝わる芸能を見ていただいて
佐渡の鬼太鼓を考えていきました。

当日 映像をご覧になった方はお気づきだと思いますが
日本各地に伝わる芸能には
名前は違っても 佐渡に伝わる芸能に 
似ているものがいくつかあります。
どこでどう伝播されていったのでしょうか。

第2回の 
江戸時代に鬼太鼓と呼ばれていたもので紹介した
当時の相川例祭の芸能を風流行列だと考えると
何が残って 何が変わったのか?
わからないことが多すぎます。
ドラエもんが いたらお願いするのに・・・。

そんなモヤモヤを抱えつつ
次回第4回は
7月に開催を予定しています。
第4回は もう少し時代が下がって
各集落での伝播の過程での工夫を
追っていくつもりです。
詳細は 決まり次第おってお知らせいたします。
お楽しみに。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/173-b404282c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。