佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼太鼓の伝播を探るⅢ」座談会編

「鬼太鼓の伝播を探るⅢ」
出演の3団体の方たちに
座談会ということでお話をうかがいました。

田野浦獅子裏

北田野浦 獅子頭の裏側です。
地元の 竹を使っています。
他にも 髪は 海草を酸化させたものなど
「地産地消」と おっしゃってました。

さて、潟上の芸の基本は?
「腰を落として膝をのばす」
言葉にすると それだけですが
これがきついらしいです。
鬼太鼓を舞ってらっしゃる方々 いかがですか?

また、城腰の「鬼の舞」の
バチをはねあげたり
クロスさせたり
わきの下にはさむ所作は
佐渡独特ではないかということや
潟上との共通点など
実際に 舞ってもらい比較してみました。

そのほか
稽古のこと
継承のこと
 師匠「完成するまでやる気はあるか」
 弟子「あります」
   と、言った話とか・・・(「鬼の舞」完成まで3~5年かかるそうです)

とにかく
実際に 関わっている人の話は、面白い!

時間の関係なのか
実演でお帰りになる方が多いのですが
いろいろな話がうかがえるのは座談会なので
次回は ぜひ 最後までおつきあいいただけるとありがたいです。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/168-6ab09daf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。