佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たんだでぇこ

佐渡には同じ地名がいくつかあります。
例えば 「かわち」 だと 地元では「かわち」と呼びますが
住居表示だと
「北川内」「浜河内」「浦ノ川内」「飯持」となります。
先日おじゃました北田野浦も 同じ地名があるため北がつきますが
地元の人は
「たのうら」あるいは「たんだ」と呼びます。

田野浦の太鼓の口唱歌は
「たんだでぇこ、たんだでぇこ、たんだたんだたんだでぇこ」
だそうです。
    (蛇足ですが、 たんだでぇこは、たんだ太鼓の意です。)

2月におこなった「鬼太鼓の伝播を探るVol.1」での交流会でも、
太鼓の口唱歌がどのように地域に伝わっているか
他の集落の方に聞いた方がいらっしゃいましたが
太鼓の音をどうとらえているのかとして考えると
興味深いものがあります。

北田野浦の口唱歌は聞いてしまうと 
それ以外思いつかない 特に出だしはそうとしか聞こえない
印象の強い口唱歌です。

北田野浦に たんだ太鼓が響くのは
4月14日の宵宮
花笠踊りの演目として行われます。
橋とトンネルができたおかげで
相川からずいぶん近くなりました。
興味のある方は
はたして「たんだでぇこ」と聞こえるか
お確かめ下さい。






コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/16-a368314b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。