佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信濃の国

長野にお伺いした時
信州大学の教授から
長野県民なら誰でも歌える『信濃の国』
という歌の 話をうかがいました。

戦後 
(後で調べたら昭和23年のことのようです)
長野市を中心とする 北部と
松本市を中心とする 南部とに
長野県を分県する案が 県議会で審議されていたそうです。
そして、まもなく議案の決議というときに
議会傍聴席から
そして議場となった長野県庁をかこむ県民から
『信濃の国』の歌声が わきあがったとのこと。
長野は 一つの 思いに
分県は 立ち消えとなったそうです。

そのあたり
読売新聞
県歌「信濃の国」第1部〈5〉県会大合唱伝説の真相
に、詳しくのっているのですが
そんなドラマのようなことが・・・。
長野オリンピックの入場行進でも
スタンドから 歌声がおきたらしい。
甲子園でも 歌うらしい。
ちょっと うらやましい話です。
いきなり 長野県民の好感度があがってしまうような・・。

いろいろなところにおじゃまして
いろいろなお話をうかがって
いろいろなものを拝見した一年でした。
どうも ありがとうございました。
皆様 良いお年をお迎え下さい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/152-b0ed3934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。