佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鬼太鼓の伝播を探る」2回を終えて疑問に思ったこと その3

そして 
「鬼太鼓の伝播を探る」も2回目をむかえます。
第2回は 江戸時代に「鬼太鼓」とよばれていたものは?
言葉からの アプローチです。
出演団体は
西野
南片辺
宿根木
の三団体。

以前 このブログでも書いたのですが
わたしは この回で 完璧に混乱してしまったのです。

鬼太鼓を 形態で 5流に分けたことは
前回書きましたが
一足流と豆まき流の 区別がつかなくなってしまったのです。
江戸時代の文献と 絵から 推論すると
片足をあげて太鼓を打ち鳴らすもので
    (「鬼太鼓も、もっぱらかれ(大工)がたたく也。この太鼓は全くに江戸の角力の太鼓を
わくに入れて、 2,3人して荷い行くを、かの大工がかた足にて、飛びながら打つなり。」
       佐渡奉行 川路聖謨の『島根のすさみ』(天保11年 1840)より)
この第2回に出演していただいた団体の太鼓に
近いものではないかというのが 当NPOの理事長の見解です。

では
2回目に出演の3つの鬼太鼓の動きが
江戸時代「鬼太鼓」を 残しているものとすると
豆まき流と 一足流 を分けるものはなにか。
豆まきの有無なのか。
しかし、
確かに 西野は 豆まき流。
南片辺は一足流。
でもでも、宿根木は 豆まいてるのに一足流。

どっかに 太鼓だけで豆まきいないのに
豆まき流に分類されてるとこってなかったっけ?
二見?

と、
このように なにがなにやらわからなくなってしまったのです。

              

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/143-e9914f82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。