佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関祭り 開かれた太鼓

無事 関の祭りが終わりました。
初めての門付け。
迎える方も、いろいろと戸惑うこともあったでしょうが
みなさんあたたかく迎えていただき
太鼓に手をあわせていただいた方もいらっしゃいました。
(家の玄関でたたくことは悪魔払いの意味合いがあるので
佐渡のお年寄りの方で、鬼太鼓などに手を合わせる方は
けっこういらっしゃいます)

今回は新潟大学教育学部の学生2名と
八王子からいらっしゃった地元の民宿の常連さん4名、
私たち佐渡芸能伝承機構から2名が
お手伝いさせていただきました。

ちなみに関は、ここになります。

関位置

当NPOの理事長が、昨年の稽古から関わらせていただいています。
昨年、初めて稽古にうかがった時
「誰でもたたける太鼓を」
と 言われたそうです。
関は 約30戸の集落
過疎化高齢化が進んでいます。
今回の祭りも八王子や学生の力を借りて行われました。
関に住んでいる人も よそから来た人も
「誰でもたたける太鼓」にはそんな開かれた太鼓なのでしょうか。

今住んでいるところを よりよくする為には どうしていけばよいのか。
その前に向いた気持ちが
集落の内外の人を 巻き込んで 今 関は 面白い事になっています。
結局は そこに住む人の力が大切なのだと感じています。
私たち佐渡芸能伝承機構も微力ながらお手伝いできたらと考えています。
また、このような活動が わたしたちがNPOをやっている意義なのかもしれません。


ともあれ
最後の締めは いつもの

「いい祭りでした!」
 



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/132-0b2fd021
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。