佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

城腰 稽古にうかがいました 公民館のこと

昨日 城腰の稽古にうかがった話をしましたが
稽古は 城腰の公民館で行われています。
その公民館は 民家を利用したもの。

オマエと呼ばれる玄関を入ってすぐの板の間で稽古します。

DSCF1843.jpg

佐渡では 
オマエ(オイエと呼ぶ地域もあります)で
謡や仕舞の稽古もされていたようです。
また、祭りの振舞いや寄合いにはうってつけの場所になります。

使われている木は
ケヤキとアテビ。
今こんな家はちょっとやそっとじゃ建たないのでしょうね。

佐渡を離れた集落の方から提供されたそうですが
きちんと手が入っていて
城腰の皆さんが集まる場として
大切に使われていることが うかがえました。







コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturi.blog81.fc2.com/tb.php/107-e20cc42d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。