佐渡芸能伝承機構

佐渡の芸能の未来のためのお手伝いをするNPOのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイランドフェスタ佐渡 佐渡の芸能編その2

アイランドフェスタ佐渡 
初日に演じられた佐渡の芸能を紹介します。

湊鬼太鼓
祭りは5月5日

20090627114906(1).jpg

鬼舞つぶろさし(羽茂村山)
羽茂祭りは6月15日

20090627130952(1).jpg

南片辺 御太鼓
祭りは4月14、15日(14日は宵宮)

20090627165004(1).jpg

北田野浦
4月14,15日
花笠踊りが見られるのは14日の宵宮。

20090627170844(1).jpg

芸能を伝承している団体で苦労するのは 
衣装を含めた道具を新調する時だという話をよく聞きます。
生活様式が変わってきて 以前は当たり前にあったものが
手に入りづらくなってきています。
今、佐渡には染物屋がありません。
呉服屋自体の数も減っています。
既製服に慣れた私たちも
生地のことはさっぱりわかりません。
「メリヤスって何?本モスって何?」
状態で 衣装を 一式揃えると
かなり知識が増えるようです。

佐渡の芸能の衣装を見比べると
各地域いろいろ工夫のあとが見られます。
南片辺の方に聞いたところ
今 白いズボンは 手にはいりにくいのだそうです。
確かに 体育着だって今は 色付。
しかも あのシルエットは見かけない。
で、彼らが 目を付けたのは
野球のズボン。
実際みると 違和感ありません。
衣装って 文化財の側面もあるけれど
消耗品の側面もあって
変わっていく部分もあっていいのかと思います。
「何より 人だ」
って ことでしょうか。

続けて いろんな芸能を見ると
本筋以外で いろいろと考えてしまいます。
芸談は理事長の 佐渡祭譚に まかせて
佐渡以外の芸能をみて考えたことなどを
これからぼつぼつとお伝えしていけたらと思っております。
スポンサーサイト
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。